費用を抑えるためには

通学免許と違って、合宿免許の場合、入校してから短期間で集中的に教習を受け、卒業することができるよう、教習所の方であらかじめスケジュールが組まれています。そのように、短い期間で効率的に教習が受けられることから、合宿免許には、通学免許よりも費用が安上がりになるというメリットがあります。

ただし、比較的安いコストで済むとは言うものの、合宿に参加して免許を取得するためにも、ある程度まとまった費用が掛かることに変わりはありません。そのように、合宿免許に参加するためのコストを抑えるためには、前もってそれなりのポイントを押さえてから、実際のアクションを起こすことが大切です。

一口に合宿免許と言っても、参加するシーズンによって必要となるコストには違いがあります。例えば、新年から春にかけて、また夏の時期、具体的には12月から4月、7月から9月にかけては、まとまった休暇が取りやすく、予約の申し込みが多いため、コストの面でもハイシーズンとなります。したがって、合宿免許の費用をできるだけ節約するには、それらの時期を避け、4月後半から7月後半、10月から11月にかけてのシーズンを狙って参加するのがおすすめの方法と言えます。


Comments are closed here.